電気料金

オール電化のメリットを得られる3つの条件

こんにちは、トラ介です。

今回はオール電化のメリットを得られる条件ということで

こういう条件の人はオール電化にした方が得られるメリットが多いよ

ということを紹介していきます。

前回の記事でトラ介本人がオール電化にして良かったことを書いていますので

こちらも一緒に読んで頂くと理解もしやすいと思います。

では、最初にトラ介が感じたオール電化のメリットをサクッとお伝えします。

  1. 光熱費を削減できる
  2. 安全性が高い
  3. 災害時にタンクの水を使用できる

他にも細かくすれば色々ありますが、

オール電化にしようとしている方、または悩んでいる方のほとんどは

1の光熱費についての関心があるのではないでしょうか?

私自身も正直、2と3のメリットは後付けで

光熱費がどのくらい違うのか、

設備投資費はどのくらいで元が取れるのかという

金額的なところが一番気になっていました。

なので、今回はどういった条件の人がオール電化にすると

金額的なメリットが得られるのかをお伝えしていきます。

LPガスを使っている人はオール電化がマジでおすすめ!

まず、LPガスを光熱費の1つとして使用している方は

オール電化への変更はマジでおすすめします。

なぜかというと、私自身が元々LPガス使用者だったからです。

LPガスとは ↓ こんな感じのやつです

よく住宅の裏などにあるガスを供給するタンクです

住んでいる地域にガス管が配管されていない地域などに

ガスを供給する設備のことですね。

そしてこのLPガスは高いんです!

電気の単位はkwh、ガスは㎥なので単純比較はできませんが、

LPガスと電気を併用していた時の金額は

ガス代 5000円〜15000円(特に冬はお風呂に入ることが多いので料金が高くなりました)

電気代 7000円〜13000円(電気代は夏場にエアコン使用で多くなっていました)

ということでだいたい合わせると13000円くらいが光熱費としてかかっていました。

そしてオール電化にしてからの我が家は

電気代のみで6000円〜12000円(10000円を超えたのは1,2月のみでした)

で平均するとだいたい8000円前後の月が多いです。

これには住宅性能や家電のエコ化などは含まれていませんが、

明らかにオール電化にしたほうが光熱費は安くなっているという

実感があります。

そのためLPガスを使用している方が

オール電化に切り替えようと思っている方は

光熱費を削減できるメリットを得ることができるとおもいます。

新たに住宅の購入する方にはオール電化はおすすめ

2つ目にオール電化をおすすめしたい条件の方は新たに住宅の購入をする方です。

ですが、1つ条件があり、

建売の購入より注文住宅で設計段階から

エネルギーの選択ができる方が特におすすめです。

オール電化のデメリットとして、

設備投資費がガスなどに比べると高額になるという側面があります。

既存の住宅をオール電化に切り替える際は

キッチンを変更したりユニットバスも配管の変更などがあるため

設備投資費が高くなるからです。

ですが、注文住宅で設計の段階からエネルギーの選択を出来る方は

エネルギー源が1つになると施工会社の負担も減るため

ガス工事の負担分がなくなり、

リフォームなどでオール電化に変えようとする方よりも

金額的な負担は少なくなります。

それで光熱費が前の住宅よりも削減できれば

日々の固定費が少なくなるので

とても得した気分になります。

太陽光発電設備の設置をしている方、しようと考えている方におすすめ

3つ目は太陽光発電設備の設置をしている方、しようと考えている方です。

トラ介もそうなんですが、

太陽光発電とオール電化の組み合わせは最強なんです。

オール電化の料金体系は夜に安い料金でお湯などを蓄えて、

電気料金を抑えましょうというプランが多いのですが、

逆に昼間の電気代が高くついてしまうデメリットもあります。

しかし、太陽光発電があれば

昼間の電気料金の高い時間帯に電力会社から電気を買わず、

自家発電で補えるため、光熱費がメチャクチャ抑えられます。

先ほどオール電化にした時の電気代を紹介させて頂きました。

だいたい7000円〜13000円と紹介させて頂いたんですが、

こんなに安くなっているのは昼間の電気代を太陽光発電により賄っているからです。

そして昼間に電気を使ってない時期などは余剰電力として

電力会社に売電できるので

エアコンなどの空調設備をあまりつかわない時期などは

光熱費が0円で売電で7000円くらい入ってくることがあります。

これはトラ介の住宅の例なので

家族構成や電気の使用の仕方、太陽光発電の発電量などによって

変わってきますが、

オール電化と太陽光発電の組み合わせはそのくらいのポテンシャルがあるということです。

そのため、太陽光発電の設置をしている、考えている方は

オール電化はほんとうにおススメです。

まとめ

オール電化に興味があるが、なかなか1歩が踏み出せない

という方も多いと思います。

ですが、私自身の体験により感じた

  1. LPガスを使用している方
  2. 注文住宅を購入しようとしている方
  3. 太陽光発電設備を設置している方、考えている方

これらの方は確実にオール電化のメリットを得ることができるのではないでしょうか。

もちろんオール電化がマイナス方向へ働くかたもいますので

大切なのは物事をどの立ち位置から見るかで変わってくると思います。

悩んでいる方は、

この立ち位置を少しでも明確にして決断していくといいかと思います。

また次回も皆さんのお役に立つ情報をお届けできるようにしていきますので

よろしくお願いします。

それでは皆さん

ばいばいっ