おすすめネット回線

光回線最安値『enひかり』を徹底解説

トラ介

皆さん、こんにちは! トラ介です。

今回のテーマは

光回線最安値『enひかり』を徹底解説

という内容で解説していきますね。

ネズミ君

こんにちは、ネズミ君です。

『enひかり』ってあんまり聞いたことないけど

どんな光回線なの?

トラ介

『enひかり』はフレッツ光の回線を利用した光コラボレーションの1つなんだよ。

この『enひかり』は光回線最安値っていうことで通信品質や料金形態などを解説していくね。

この記事を読んで分かること
  • enひかりとはどんな回線なのか
  • 通信品質や料金形態が分かる
  • enひかりのおすすめポイント
  • enひかりのデメリット
  • enひかりをおすすめしたい人

『enひかり』とは

トラ介

『enひかり』は株式会社縁人という会社がプロバイダを務めている光回線になります。

光コラボなのでフレッツ光の光回線を借り受けてネット回線を提供しているんですね。

光コラボに関して詳しく知りたい方は下の記事をご覧下さい。

ユーザーにお得な光コラボレーション、光回線の違いとは何だ? 皆さん、こんにちは! このブログは電気施工管理の仕事をしているトラ介が電気料金や通信回線のしくみと特徴を伝えてより良い生活環境に...
ネズミ君

『enひかり』はauひかりやドコモ光みたいにいろんなプロバイダがあるのかな?

トラ介

『enひかり』のプロバイダはenひかりだけです。

auやドコモ、ソフトバンクと比べると知名度はかなり落ちるけど、

携帯電話でいう格安SIMみたいな位置づけになりますね。

格安ひかり回線にはメリットもたくさんあるから、1つずつ確認していきましょう。

enひかりの通信速度について

トラ介

『enひかり』はフレッツ光の回線を借り受けているため

通信速度は最大1Gbpsとなっています。

ひかりコラボを利用しているプロバイダは『enひかり』に関わらず全てフレッツ光の通信品質を利用できるので安心ですね。

ネズミ君

『enひかり』はIPv6は対応しているの?

トラ介

『enひかり』はオプションの契約によりIPv6のサービスを受けることができます。

オプション料金は月額で180円となります。

また、Wi-Fiを利用する方はルーターが必要になりますので、こちらも下の記事でご紹介させて頂きますね。

3人家族3LDKおすすめWi-Fiルーター3選3人家族は3LDKに住んでいることが多く、そんな家庭におススメのWi-Fiルーターを3つ紹介します。はずせない機能、妥協してもいい機能から選ばれた3つのWi-Fiルーターはおすすめの極みです。...
ネズミ君

光回線で、IPv6に対応していれば、動画やネット利用はストレスなくできそうだね。

でもオンラインゲームやウェブ会議ならもっと早い回線がいいかもしれないけど、そのあたりは対応しているの?

トラ介

『enひかり』は最大10Gbpsに対応した

『enひかりクロス』というサービスも提供しています。

まだ提供地域が限定されますが、気になる方は公式ホームページにて確認してみましょう。

『enひかりクロス』

enひかりの料金形態について

トラ介

『enひかり』は光回線最安値として売り出されています。

月額利用料や初期費用を確認して、今使っているネット回線と比較してみましょう。

月額利用料

トラ介

月額利用料は

戸建ての方 4300円

マンションの方 3300円

になっています。

ネズミ君

戸建てタイプで4500円をきるんだ!

これは安いね!

トラ介

主要な光回線の料金を確認していきましょう。

  auひかり ドコモ光 ソフトバンク光
戸建てタイプ 5600円 5200円 5200円
マンションタイプ 4300円 4000円 3800円
トラ介

単純にネット回線の料金だけで比較していますが、

『enひかり』の安さが分かりますよね。

ネズミ君

各社を比べても焼く1000円くらい安くなりそうだね。

でもauやドコモは携帯との割引もあるから1000円くらいならしっかり確認しないといけないね。

トラ介

『enひかり』にもUQモバイルを持ってる人なら100円割引があるけど、

通信費の総額をしっかり把握しないといけないね。

ネット料金だけでみると安いけど、携帯料金や電気料金もセットになっているプランで組んでる人は合計金額で把握するようにしてくださいね。

初期費用

トラ介

『enひかり』の初期費用は

事務手数料と工事費に分かれます。

トラ介

転用、事業者変更でかかる費用と

新規の方とでは初期費用が違いますので、

自分がどの区分に当てはまるか確認しましょう。

新規や転用などの区分が分からない方は下の記事で詳細を解説していますので確認してみてください。

ネット回線の申し込み、新規、乗り換え、転用、事業者変更の違い 皆さん、こんにちは! トラ介です。 このブログは電気施工管理の仕事をしているトラ介が電気料金や通信回線のしくみと特徴を伝えて、よ...
ネズミ君

他のプロバイダでは工事費無料とかキャンペーンやってるけど、

『enひかり』は何かキャンペーンやってるの?

トラ介

『enひかり』では料金形態を分かりやすくするうえで、

キャンペーンなどは特に行っていないそうです。

初期費用はかかりますが、月額料金は安くすみますし、

〇年目から月額料金が上がるなどの分かりずらい料金プランではないので、

長く続ければ、続けるほどコスパ良くネット回線を利用できます。

安いネット回線を長く使いたいという方にはおすすめのネット回線です。

enひかりのおすすめポイント 3選

トラ介

これまで『enひかり』の通信品質や料金について解説してきましたが、

ここからは具体的なおすすめポイントとその理由について解説していきます。

月額利用料が光回線最安値

トラ介

月額利用料の項目でも触れましてが、

『enひかり』の月額利用料は光回線最安値の

戸建てタイプ 4300円

マンションタイプ 3300円

となっています。

ネズミ君

安いうえに、料金の変動とかはないから分かりやすいよね。

でも、なんでこんな安い金額に設定できるの?

トラ介

まず、大手のネット回線と比べると広告料をほとんどかけていないことが挙げられます。

次に大手や代理店が行っているキャッシュバックなどのキャンペーンを大々的に行っていない点です。

最後はプロバイダの規模が大きくないので、契約数が多くなくても利益を出せる仕組みになっているからです。

ネズミ君

支出を抑えてその分を顧客に還元しているんだね。

広告料もかけていないから全然見かけなかったんだ。

トラ介

今の時代、ネットからの集客でも本当にいい商品であれば売り上げをあげることができるからね。

口コミをみてもサポートが丁寧っていうのを見るから、限りあるユーザーを大事にしているプロバイダだね。

解約金がいつでも0円

トラ介

次のおすすめポイントは

解約金がいつでも0円というポイントです。

ネズミ君

解約金が無料ってことは契約縛りがないってことだよね。

光回線でこんなプロバイダあったんだ!

トラ介

光回線で縛りなしの契約ができるプロバイダは何社かあるんだけど、

月額料金が最安値でIPv6の通信技術も使えるとなると『enひかり』はかなりコスパのいいプロバイダですね。

ネズミ君

解約金0円ってなかなか広まらないけど、

何でなのかな?

トラ介

解約金0円っていうのは、いつでも辞めていいですよ。ということだからね。

キャッシュバックなどのキャンペーンをやっているところは、早めに解約されちゃうと元が取れないから

最低でも2年続けてもらうことで売り上げを確保したいという考え方なんだよ。

それに対して『enひかり』はキャッシュバックのキャンペーンをやってないし、初期費用の方が高くつくからね。

ユーザーにとっては早く辞めると損になるし、

長く続けて得になるような仕組みを作っているから解約金0円でもやっていけるんだね。

モバイルWi-Fi 3泊4日無料レンタル

トラ介

『enひかり』のおすすめポイント3つめは

モバイルWi-Fiが3泊4日無料レンタルできるということです。

ネズミ君

モバイルWi-Fiが無料でレンタルできるんだ!

いいサービスだね。

トラ介

旅行や出張など外出先でもネットが使えるようにしたい。

だけど、常に使うわけではないから契約したくはないっていう方におすすめですね。

電波はUQWiMAXの無制限の電波、au4GLTEの両方を利用することができるので、日本全国どこでも対応が可能です。

enひかりのデメリット 3選

トラ介

次は『enひかり』のデメリット3選です。

全てにおいていい商品はありません。

必ずデメリットも存在しますので、大事なことは、そのデメリットを容認できるかということです。

次に挙げるデメリットを容認できる方であれば『enひかり』は、本当におすすめできるネット回線になります。

初期費用が必ずかかる

トラ介

1つ目のデメリットは初期費用が必ずかかるということです。

大手のネット回線ではキャンペーンやキャッシュバックなどで初期費用を相殺することができるのですが、

『enひかり』ではそのようなキャンペーンは行っていません。

そのため、転用や事業者変更の方でも最低5000円、新規の方であれば18000円を負担しなければいけません。

ネズミ君

初期費用が必ずかかるというのは、資金が少ない方にとっては痛いところだね。

ぼくもお金持ってないから、初期費用はなるべく抑えたいな。

トラ介

多くの方は初期費用を抑えたいと考えるんだけど、

トータルでみたらランニングコストである月額利用料が少ないほうが得になります。

特に転用や事業者変更の方であれば、初期費用は比較的少額で済みますので月々の支払額を抑えたい方にはおすすめのネット回線です。

大手キャリア携帯の割引がない

トラ介

『enひかり』には大手キャリア携帯との割引サービスがありません。

ネット回線を選ぶうえで持っている携帯との割引があるというのは支出を抑えられるので重視される要素です。

家族で同じ携帯会社と契約をしている方にとっては『enひかり』は逆に負担額が上がってしまう可能性があります。

ネズミ君

大手携帯会社との割引はないんだね。

格安SIMとの割引はないの?

トラ介

唯一、UQモバイルであれば『勝手に割』という制度があります。

ただし、UQモバイルを持っている方が『enひかり』を契約すると『enひかり』の料金が100円割引されます。

UQモバイルの料金が安くなるわけではありませんので注意してください。

ネズミ君

『enひかり』の契約を考えるときは、携帯料金も合算して考えないと逆に損しちゃうから気を付けないとね。

トラ介

家族で2台から3台以上を同じ携帯会社で割引を適用してい家庭は『enひかり』をおすすめできない可能性が高いですね。

逆に家族であってもそれぞれが違う携帯会社と契約しているのであれば『enひかり』を検討する余地は十分にあると思います。

マイナー回線なのでサービスが心配

トラ介

『enひかり』の評判で多かったのがマイナー回線はサービス大丈夫なの?心配を口にしている方が多かったです。

一般的には

有名=サービスやアフターケアが充実

無名=契約した後は放置

というイメージがあるようです。

ネズミ君

確かに有名なメーカーの方がサービスとかは充実してるイメージがあるけど実際はどうなんだろう?

トラ介

『enひかり』は2017年からスタートしたネット回線だから、まだまだ知名度がないのはしょうがないけど、

サポート自体はしっかりしている口コミも多いですね。

無名とサポート制度の関係性は成り立たないので安心して契約できますね。

enひかりがおすすめな人

トラ介

これまで解説してきた内容を踏まえて、

『enひかり』がおすすめな人はこんな方です。

enひかりがおすすめな人
  • とにかく安く光回線を使いたい人
  • 携帯が格安SIMで光回線との割引を適用してない人
  • 1年以内に引っ越すけど光回線を使いたい人
  • 解約時期を気にせず使いたい人
  • 料金プランがシンプルな光回線を使いたい人
ネズミ君

ネット回線を安く使いたい人や撤退時の費用を気にしたくない人にいいネット回線なんだね。

トラ介

通信品質はフレッツ光なので、時間帯で混雑しているときに遅くなる場合はIPv6のオプションを付けた方がいいですね。

IPv6のオプションを付けても光回線最安値なので、格安SIMとの組み合わせで月額6000円以内に抑えることも可能ですね。

まとめ

トラ介

ネット回線を安く使いたい、そんな皆さんの希望を叶える『enひかり』の紹介をさせて頂きました。

最近では大手携帯キャリアも新価格を打ち出しているので、ネット回線も価格競争が過熱してきそうです。

ネズミ君

いい品質のものを安く使いたのはみんな同じだから

その中で自分のネット環境にあった回線を選べるようにしましょう。

トラ介

トラ介ブログではネット回線を中心に皆さんにお役に立つ情報を発信しているブログです。

皆さんの生活を豊かにできるように、いろいろな情報をとりあげていきますので、また遊びにきてくださいね。

今回は『enひかり』をテーマに解説させて頂きました。

まだまだ、知られていないネット回線があるのでいい情報がきたらお知らせしますね。

それでは、ばいばいっ!