家計管理

光回線のプロバイダ選び、第1ポイントはIPv6

皆さん、こんにちは! トラ介です。

このブログは電気施工管理の仕事をしているトラ介が電気料金や通信回線のしくみと特徴を伝えて、より良い生活環境になってほしいことから、お得な情報を発信しているブログです。


さて、今回のテーマですが、

『光回線のプロバイダ選び、第1ポイントはIPv6』

というテーマで解説していきます。

この記事を読んで分かることは

  • IPv6ってどういうこと?
  • 従来のIPv4と何が違うの?
  • IPv6にすると何がよくなるの?

という内容が分かります。

この記事を読むときに参考になるのは

ネット回線を選んでいくとよく目にするのはIPv6やIPoE接続といった単語です。

その中で今回はIPv6に焦点を当てていきます

IPv6とはいったい何なのか?

この意味を知ることでよりネット回線に詳しくなり

快適なネット環境を得られます。

それでは順番に解説していきますね。

IPv6とは何のこと?

ネット回線を選ぼうとプロバイダの公式サイトを開くと料金の詳細やオプションなど書いてありますよね。

その中でIPv6対応と書いてあるサイトを多く見かけるようになりました。

まず最初にIPv6とは何なのかということについて解説していきますね。

例えば下のサイトはSo-netの公式サイトから引用したものですが、

黄色い枠で囲ってあるところに『次世代通信方式 IPv6(IPoE)に対応』と書いてありますよね。

このIPv6って何だろうと思う人も多いと思います。

もしくはあまり気にせず、とりあえずいいものなんだな。

くらいの感覚でいる方もいるのではないでしょうか。

このIPv6というシステムを採用できるようになったのは最近なのですが、

IPv6の前は『IPv4』というシステムを採用していました。

Iはインターネット

Pはプロトコル(規約)

vはバージョン

という意味で4や6は日本語読みで『よん』や『ろく』と読んでいます。

もちろん『フォー』や『シックス』と読んでも間違いではありません。

IPアドレスについて知ろう

IPv6を理解するうえで欠かせないのはIPアドレスを知ることです。

皆さんは当たり前のようにスマホでメールを送ったり、PCでデータを送ったりしていますよね。

現実の世界でも相手に手紙を送ったり、アマゾンで頼んだ商品を届けてもらったりすることと同じことなんです。

現実世界で相手に手紙を送るためには相手の住所が必要になりますよね。

アマゾンで商品を届けてもらうときも自分の住所が必要になります。

通信の世界でもメールを届けるには届けたい場所の住所が必要なんです。

通信の世界での住所を『IPアドレス』といいます。

このIPアドレスは通信機能を持っている全ての機器が持っています。

上の図のような感じで、IPアドレスを持っているスマホがIPアドレスを持っているPCにデータを送っていますよね。

IPアドレスは通信機器が持っている住所ということが分かってもらえたと思います。

続いてはこのIPアドレスとIPv4やIPv6がどういうふうに関わっているかを解説しますね。

IPv4について知ろう

IPv4とはザックリ言うと、取り扱うことのできるIPアドレスの数のことなんです。

その数というのは

『43億個』

と言われています。

数字で表すと

4、300、000、000

凄い数だな!と思った方、

実はそーでもないんです。

世界人口は約77億人(2020年現在)に対して、

通信機器の数は、まったく持ってない人もいれば、1人で3,4台持っている人もいますよね。

そうすると43億では全然足りなくなっています。

最近、リモートワークなどが推進されるようになって、

多くの方が同じ時間帯に通信をするようになってきました。

そのため、今までのIPv4という規格では処理しきれない状態になってきたんですね。

救世主!IPv6の登場

IPv4で窮地に立たされていた通信環境を救うべく登場したのが

今回のテーマでもある

『IPv6』

なんです

IPv4が取り扱えていたIPアドレスの数が43億個に対して、

ニューヒーローのIPv6が取り扱えるIPアドレスの数は

『340澗個』

なんです。

340澗?  澗ってなに?

『澗』は『かん』と読みます。

数字で書くと

340、000、000、000、000、000、000、000、000、000、000、000、000

です。

ここまでくると、取り合えず凄い数ということしか言えませんね。

ニューヒーローのIPv6は340澗個ものIPアドレスを取り扱える規格なんです。

IPv6の技術が開発されたことにより

取り扱えるIPアドレスの数に関しては心配がいらなくなりました。

これは車に例えると

IPv4では車(通信)に乗りたい人が行列で待っているのに対し、

IPv6では車(通信)の数を増やし、たくさんの人が待たずに車に乗れる状態になったということです。

IPv6という技術が開発されたおかげで、通信機器を増やしても、それぞれに割り当てられる

IPアドレスが確保されたことになります。

これから世界ではどんどんIT化が進み通信機器の進化は止まらないので、

IPアドレスをほぼ無限にまで増やせたというのはストレスなくネット環境ができる

強い味方になるでしょう。

まとめ

今回は『光回線のプロバイダ選び、第1ポイントはIPv6』というテーマで解説しました。

  • IPv6って何?
  • 従来のIPv4と何が違うの?
  • IPv6になるとどうなるの?

という内容が分かったと思います。

技術の進化は目まぐるしく、

IPv6の登場でIPアドレスの数による通信の制限はなくなり、より快適な

ネット環境が得られてきました。

ただし、プロバイダ選びをするうえでのポイントの1つであるということです。

次回は第2のポイントを紹介していきます。

その両方を理解して頂くとネット環境を選ぶうえで

かなりの知識が付いてきますので、

損をしないために、自分自身の知識を付けて

生活環境を良くしていきましょう。

トラ介は豊かになりたいと考えている皆さんの手助けができればと考えていますので

何か不明な点などあればお問い合わせからご相談頂ければと思います。

それでは今日よりも豊かな未来を目指して頑張りましょう!

ばいばいっ!