周辺機器

LANケーブルの構造による分類!見た目には分からない違いを理解しよう

トラ介

皆さん、こんにちは! トラ介です

この記事は『LANケーブルの種類を知ろう』についての詳細記事

『LANケーブルの構造による分類』というテーマで解説していきます。

ネズミ君

こんにちは、ネズミ君です

この記事はLANケーブルの種類の詳細記事なので、

メインの記事を読んでいない方は、こちらを読むとLANケーブルがもっと分かるようになるので、是非見てみてね。

LANケーブルの種類を解説!ネット回線に最適なLANケーブルについて知っておくべきことネット回線の通信速度が遅い原因の1つとして、LANケーブルの規格が合っていないことがあります。今回はそんなLANケーブルについて解説していきます。あなたのLANケーブルはあなたのネット環境に合ったものを使用していますか?お得な情報を発信しているので、是非覗いて行って下さい。...

LANケーブルの構造による分類

トラ介

ということでLANケーブルの構造による分類を解説していきます。

この記事で分かることは

ネズミ君

構造って言われるとなんだか難しく感じてしまうね。

僕でも分かるかなぁ?

トラ介

大丈夫、そんなに難しいものじゃないから気楽な気持ちで見ていけるよ。

では、構造による分類は3つに分かれているよ。

芯の構造による分類

トラ介

最初は芯の構造による分類です。

芯というのはケーブルの中に通っている銅線のことで、おおまかに2種類に分類されます。

Web便利ノート (cman.jp)より引用
トラ介

芯による分類はより線と銅線の違いによって分かれるんだ。

スタンダードタイプのLANケーブルは銅線で、フラットタイプのLANケーブルはより線を使われているよ。

ネズミ君

スタンダードタイプとかフラットタイプは用途による分類で紹介しているから、こちらも併せて読んでみてね。

LANケーブルの用途による分類、使い方、使う場所でLANケーブルを選ぼうLANケーブルの用途による分類を知ることで、それぞれの使うべき場所がわかります。それにより配線がすっきり整理され、仕事環境や部屋の美観を損なわずにネット環境を楽しめるので、是非参考にしてみてください。...

シールドの有無による分類

トラ介

次はシールドの有無による分類です。

ネズミ君

シールド?そんなものどこに付いてるの?

トラ介

シールドは中の銅線を包んでいる銀色の素材のことをいうんだよ。

画像の赤枠で囲われている部分をいうよ。

トラ介

シールドは通信系のケーブルで使われるんだけど、

外部からの電磁波によるノイズを避けるために使われているんだ。

シールドがあるタイプをSTPケーブル(シールド ツイスト ペア)

シールドがないタイプをUTPケーブル(アンシールド ツイスト ペア)

と表記しているよ。

ネズミ君

シールドは分かったけど、TPのツイストペアって何のこと?

トラ介

通信系のケーブルは2本で1セットになっていることが多いんだ。

上の画像を見ると、青と白とかオレンジと白とかってペアになっているでしょ。

この2本がねじれ合いながらペアになっているからツイストペアっていうんだよ。

結線のしかたによる分類

トラ介

次は結線のしかたによる分類だよ。

ネズミ君

結線ってどこのことをいうの?

トラ介

結線っていうのはケーブルとコネクタが繋がっている(結んである)場所をいうんだ。

赤枠で囲われている部分のことだよ。

トラ介

この結線の部分の違いで

ストレート結線とクロス結線に分けられているんだよ。

ネズミ君

ケーブルの両端での結線が違うね!

トラ介

ストレートケーブルは両端が同じように結線されているのに対して、

クロスケーブルはズレて結線されているのが分かるね。

ネズミ君

構造の違いは分かったけど、ストレートケーブルとクロスケーブルはどういうふうに使い分けたらいいの?

トラ介

ストレートケーブルはパソコンとルーターを繋ぐときや、パソコンとHUBを繋ぐときなど違う種類の機器を繋ぐときに使って、

クロスケーブルはパソコンとパソコン、HUBとHUBといった同じ機器を繋ぐときに使っていたんだよ。

ネズミ君

へぇー、はじめって知ったけど、

ぼくは今までそんなの意識せずに使っていたけどいいのかなぁ?

トラ介

そうだね。

最近では機器側に自動判別できる機能が備わっているから同じ機器にストレートケーブルを使っても判別できるようになっているんだ。

現在ではストレートケーブルのみでネットワークを形成することができるから、クロスケーブルはほとんど使わなくなったんだ。

まとめ

トラ介

今回はLANケーブルの構造による分類というテーマで解説していきました。

構造は目に見えない部分だけど色々な違いがありましたよね。

こういう違いを知っていると自宅でネットワークを組むときなどに役に立つから覚えておくといいですね。

LANケーブルの構造による分類のまとめ

『芯の構造による分類』
より線と銅線の違いで使うケーブルが変わる

『シールドの有無による分類』
電波障害から守るために使うケーブルを分ける

『結線のしかたによる分類』
繋ぎ方により、ケーブルを分ける
※最近はストレートケーブルのみでよい

トラ介

構造による分類までくるとだいぶマニアックになってくるね。

でも知識はあって無駄にならないからね。

絶対に知ってることが多い方が得をするので、情報は多い方がいいよ。

ネズミ君

僕も知っていて得したことがたくさんあるから、ネット回線に詳しくなるには、必要な知識だね。

トラ介

トラ介ブログではネット回線に関する記事を中心に皆さんの生活の役に立てる情報を発信しています。

何か分からないことや疑問があればお問い合わせからご連絡を頂ければと思いますのでご連絡おまちしております。

今日よりも豊かな明日に向かって頑張りましょう!

それでは、ばいばいっ!