ネット回線いろいろ

ネット回線完備の賃貸物件はどうなの?

トラ介

皆さん、こんにちは。 トラ介です。

今回のテーマは

『ネット回線完備の賃貸物件はどうなの?』

というテーマで解説していきます。

ネズミ君

こんにちは、ネズミ君です。

ネット回線無料の賃貸物件は、なんで無料でできるのかな?

無料で使えるネット回線のデメリットって何があるの?

トラ介

今の時代は通信環境があるかないかで、月の支出額に大きく影響してきます。

そのため、ネット回線を無料で使えるというマンションやアパートなどの賃貸物件はすごく魅力的に映るでしょう。

ですが、そのメリットだけに目がいっていると、こんなはずじゃなかった。ということになりかねません。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

ネット無料の賃貸物件を検討している方は、メリット、デメリットを考えてから借りるようにしましょう。

この記事を読んで分かること
  • マンションやアパートはどうやってネット回線を引いているのか
  • ネット回線完備の賃貸物件を借りるメリット、デメリット
  • ネット回線完備の賃貸物件を借りるときに確認する3つのこと
  • 賃貸住宅におすすめのネット回線について

賃貸物件のネット回線のしくみ

ネズミ君

マンションやアパートなどの賃貸物件は部屋までどうやってネット回線を引いてるの?

トラ介

マンションやアパートなどの集合住宅は回線事業者から引き込んだ回線を共用部にあるMDFという通信回線などが集まる引き込み盤に入ります。

MDFで各住戸に分配されて、各住戸まで配線されます。

ネズミ君

なるほど、マンションやアパートは1本の通信回線を皆で分け合って使用しているんだね。

トラ介

回線事業者からすると1本引き込むだけで、たくさんの利用者に使ってもらえるから、戸建てと比べると月額利用料も低くなっているんだ。

その代わり、1本の通信回線を皆で使っているから、通信混雑時間帯は通信速度が遅くなったりするんだよ。

ネズミ君

集合住宅は月額利用料が安い代わりに通信速度が遅くなりやすいっていうデメリットもあるんだね。

ネット回線完備物件のメリット

トラ介

賃貸住宅にはネット回線完備や無料という物件の他にネット回線接続可という物件もあります。

ネズミ君

ネット回線完備と接続可って何が違うの

トラ介

ネット回線完備はすでにネット環境が整っているから自分で契約してこなくてもネットを使用することができるという意味なんです。

それに対して、ネット回線接続可は自分で契約してくれればネット回線を部屋に引き込むことができますよ。という意味になるんですね。

ネズミ君

そっか、ネット回線完備はすぐにネット回線が使える状況で、接続可は自分で契約すればネット回線を使えますよということなんだね。

トラ介

賃貸物件を選ぶときは、『ネット回線完備』と『ネット回線接続可』という項目の違いを知っておくようにしましょう。

では、次にネット回線完備の物件のメリット・デメリットを解説していきます。

賃料にネット回線費が含まれている

トラ介

最初のメリットは賃料にネット回線費用が含まれているという点です。

ネット回線を自分で契約すると安くても4000円弱くらいはかかります。

年間で約50000円の自己負担が増えるのは経済的にもかなり負担になりますよね。

ネズミ君

今はネット回線がないとかなり不便だから必須支出だもんね。

その支出がなくなると考えればかなりお得になるね。

トラ介

ネット回線を完備させることで、借り手を増やそうと考えているオーナーさんも多いです。

そのため、最近の賃貸住宅はネット回線完備を謳っているところが多いんです。

プライベートでもネット通信をかなりするという方はネット回線完備の賃貸住宅を選ぶといいですね。

すぐにネット回線が使える

トラ介

次のメリットは入居後すぐにネット回線が使用できるという点です。

入居が決まってからネット回線に申し込むと工事の関係で引っ越しの日からネット回線が使えないことも多いです。

それに対して、ネット回線完備の賃貸住宅なら、すでにネット回線が開通しているので入居後すぐにネットが使えるのは魅力的ですよね。

ネズミ君

引っ越し当日からネット回線が使えるのはすごくいいですね。

仕事の関係でネットが必要な方はもちろん、動画をよく見る方にもすぐに使えるというメリットは大きいですね。

自分でネット回線を契約する必要がない

トラ介

次に自分でネット回線を契約する必要がない。というのもメリットになります。

直接店舗に行ってネット回線を契約するのはもちろん、ネットからの申し込みでも手間がかかります。

申し込みのタイミングが遅れると開通までの時間もかかりますので、自分で契約をする必要がないというのはすごくいいですね。

ネズミ君

ぼくなんか、ネット回線をどこにしようか迷っちゃうし、申し込みにも時間がかかるから、自分で申し込みをしなくてもいいっていうのは楽だし、安心だね。

トラ介

特に引っ越しの時期は忙しいので、ネット回線の申し込みなどは後回しになったり、忘れてしまったりするので、自分で申し込みをしなくてもいいのは安心ですね。

ネット回線の工事費がかからない

トラ介

ネット回線の工事費がかからないということもメリットになります。

マンションやアパートなどの集合住宅の工事費はだいたい15000円くらいかかりますので、初期費用がかからないことは急な支出を抑えることにも繋がります。

ネズミ君

ネット回線の工事費は単発だけど、金額が大きいからね。

工事費負担がないだけで自己負担が楽になるよね。

解約違約金がかからない

トラ介

最後に解約違約金がかからないというメリットがあります。

賃貸住宅を借りていると解約金がかからないタイミングで住宅の契約を解除することが難しいです。

ネット回線完備の賃貸住宅であれば解約違約金を支払うことなく引っ越せますので、いずれは退去することを考えると退去時の負担額を減らせるます。

ネズミ君

普通にネット回線を契約していたら2年縛りとかで、解約違約金がかかる場合が多いからね。

退去するときに余計な負担がないのは安心ですね。

ネット回線完備物件のデメリット

トラ介

ネット回線完備物件のメリットは理解して頂けたと思います。

メリットがたくさんありますので、賃貸物件を借りるときは重視したほうがいい項目になりますが、

デメリットももちろんありますので、こちらも参考にしておきましょう。

通信速度が遅いときがある

トラ介

ネット回線完備物件で一番注意しないといけないことは、通信速度が遅いときがあるということです。

ネズミ君

やっぱりいいことばかりではないんだね。

通信速度はすごく大切だから必ず確認したほうがいいね。

トラ介

マンションやアパートの配線は最初に解説したとおり、1本の通信回線を住戸みんなで共有しています。

そのため、みんなで使用すると回線混雑が発生して通信速度が低下することがあります。

特に動画やオンラインゲームなど容量の大きいことを行うと速度低下はみられやすいので注意が必要です。

Wi-Fiルーターを自分で用意する

トラ介

次に無線で使いたいときはWi-Fiルーターを自分で用意することが多いです。

ネズミ君

自分でネット回線を契約していれば、プロバイダから無料で借りられたりするけど、ネット回線完備だとそういったサービスがないことが多いんだね。

トラ介

Wi-Fiルーターは10000円以下で手に入ることも多いので、気にならない方もいると思います。

ネット回線完備の物件で無線でネット通信を行いたい方にはWi-Fiルーターが必要になりますので管理会社やオーナーさんに確認しておいた方がいいですね。

ネット回線完備物件を借りる時の注意点

トラ介

ネット回線完備の物件のデメリットを解説しましたが、

メリットも多いので、ネット回線完備の物件を選ぶことはとてもいいと思います。

しかし、迷っている方もいると思いますので、ネット回線完備物件を選ぶときの3つのポイントを抑えておきましょう。

ネット回線完備物件を選ぶときのポイント
  1. 導入されている回線の種類を確認する
  2. ネット回線に制限があるか確認する
  3. 自分でネット回線が引けるか確認する

導入されている回線を確認する

トラ介

まず1つ目は導入されているネット回線の種類を確認しよう。

回線の種類によって通信速度が全然違うので入居してから遅くて後悔したということにならないようにしよう。

ネズミ君

集合住宅ではネット回線はケーブルTVと契約していることが多いです。

ケーブルTVの回線は少し遅い感じがするんだけどどうなんだろう。

トラ介

一般的にそれぞれの最大通信速度は以下のようになります。

光回線 1Gbps
CATV 120Mbps
ADSL 50Mbps

となっています。

集合住宅は1つの回線を住んでいる方全員で分け合うので、CATVやADSLでは混雑時などは速度制限がかかってしまう可能性が高いです。

CATVはネット回線だけでなく、TVや電話も同時に引き込めるため、オーナーさんにとってメリットは大きいです。

しかし、利用する側にとっては速度が遅くて動画やネットゲームを楽しむのは難しいので、ネット回線完備の物件といっても必ず引いてあるネット回線の種類を確認しておきましょう。

ネット回線に制限があるかを確認する

トラ介

最近では少なくなってきましたが、引いてあるネット回線に速度制限が設けられていることがあります。

ネズミ君

そうそう、普通に利用していたら、あるタイミングで速度が遅くなってすごくイライラしたよ。

トラ介

オーナーさんとの契約内容で〇〇Gまでという契約をしていると、その容量を超えた段階で速度制限がかかってしまいます。

速度制限がかかってしまうと、メールを送るくらいしかまともにできなくなってしまうので、入居前に必ず確認しておいた方がいいですね。

自分でネット回線が引けるか確認する

トラ介

最後に確認することは、自分で選んだネット回線やプロバイダからネット回線を引くことができるか確認することです。

ネズミ君

引いてあったネット回線があまり良くなかったときに、自分で引けるか確認しておいた方がいいということだね。

トラ介

既存のネット回線以外を引くということは、新たなネット回線を電柱から引き直す工事が必要になります。

これにはオーナーさんの許可や管理会社の確認を取らないと、自分で勝手に契約することはできません。

そのため入居前にもし、既存のネット回線が自分に合わなかった場合に備えて確認することで、ネット環境を改善できます。

賃貸住宅におすすめのネット回線

トラ介

最後に賃貸住宅におすすめのネット回線を紹介します。

ネズミ君

賃貸住宅に住んでいると安いのはもちろん、どのタイミングで退去するか分からないから解約金が少なくなるネット回線がいいよね。

でも、安くて解約金がかからないネット回線なんかあるの?

トラ介

賃貸住宅でおすすめするネット回線は

『enひかり』です。

光回線最安値『enひかり』を徹底解説光回線最安値の『enひかり』のメリット、デメリットを踏まえて、どんな方におすすめなのかを解説しています。とにかく安いネット回線を使いたいと考えている方は『enひかり』がおすすめなので検討してみてください。...
トラ介

『enひかり』のいいところは光回線でありながら

マンションなどの集合住宅では3300円と光回線最安値で提供されています。

さらに賃貸住宅ではいつ退去するか分からないので、ネット回線の契約内容に2年縛りなどがあると解約金が発生するケースがあります。

『enひかり』ではそんな解約金一切かかりません。

つまりいつ解約しても解約金は0円なのです。

ネズミ君

安くて、解約金も0円なんてすごいですね。

賃貸住宅用のネット回線といってもいいくらいだ!

トラ介

デメリットとすると、工事費がかかります。

しかし、すでに光回線が引かれている状況であれば2000円で済みます。

他のデメリットといえば、キャンペーンを特に行っていないことです。

これもキャンペーンがない代わりに料金プランが分かりやすいですし、月額利用料も安いのでわざわざキャンペーンにお金をかけるより、ユーザーに分かりやすい料金プランにしようというプロバイダの方針です。

賃貸住宅におすすめのネット回線『enひかり』に興味がある方は公式ホームページで確認できます。

まとめ

トラ介

皆さん、いかがだったでしょうか。

集合住宅ではどのようにネット回線が引かれているのか。

ネット回線完備の賃貸住宅のメリット、デメリット

ネット回線完備の賃貸住宅を借りる時に確認すること

賃貸住宅におすすめのネット回線

といったことについて解説させて頂きました。

ネズミ君

ネット回線完備というと、住む側は凄く得したような気になるけど、ちゃんとデメリットにも目を向けないといけないよね。

トラ介

現代社会ではネット回線は必須となっています。

できるだけ良い環境でネット回線を楽しむにはたくさんの選択肢があるので、自分で選択肢を持てるようにしていきましょう。

それでは、皆さんばいばいっ!