おすすめネット回線

auユーザーならSo-net光がおススメな理由

トラ介

皆さん、こんにちは! トラ介です。

このブログは電気工事施工管理の仕事をしているトラ介が電気料金や通信回線のしくみと特徴を伝えて、

より良い生活環境になってほしいことから、

お得な情報を発信しているブログです。

今回のテーマは『auユーザーならSo-net光がおススメの理由』

というテーマで解説していきます。

この記事を読むことによって

「auのスマホとセットでお得になるネット回線はどこかなぁ」

「So-net光って安そうだけど実際はどうなの?」

といった疑問が解決されます。

今からネット回線について解説していきますが、

そもそもネット回線ってどんな種類があるのという方、

回線事業者とプロバイダについての知識など

事前に理解しておくと、このあとの解説も分かりやすくなります。

So-net光とはどんなネット回線?

So-net光は、あの有名なソニーグループが提供するプロバイダである

トラ介

So-netは日本を代表する企業、SONYが提供する

プロバイダなんだ。

日本にインターネットが普及し始めた1996年から参入している

からプロバイダの中では古株だね。

So-net光はNTTが提供するフレッツ光の回線を借り受けて

運営する光コラボレーションでインターネットサービスを行っています。

そんなSo-net光の特徴を3つ挙げていきますね。

V6プラスによる次世代通信で快適ネット生活

So-net光は最大速度1Gbpsで通信しています。

さらにV6プラスにより次世代通信で快適ネット生活ができると謳っています。

So-net光より引用

ここでいうV6プラスというのはIPv6のことでIPoE接続を利用して

従来のPPPoE接続の混雑を緩和しています。という内容です。

トラ介

IPv6? IPoE接続?という方は

簡単にいうと、

今までは一般道で混雑していたけど、

高速道路が開発されて、

以前よりも速い速度で通信ができるようになった

という感じで理解するといいですね。

So-net光以外にもIPv6の技術でIPoE接続を行って

ネット通信をやっているプロバイダも多いです。

逆にいうとこれからネット回線を引きたいと考えている方は

IPv6に対応していないプロバイダは避けた方がいいかもしれません。

それだけIPv6という技術はこれからスタンダードになってきますので、

安かったから契約したけど通信速度が遅くてイライラする、というふうに

ならないようにしましょう。

トラ介

ネット回線を選ぶ時の基準の1つで

通信方法を確認しましょう。

IPv6を採用するにはプロバイダ側も

資金投資していますので月額料金が高くなりやすいです。

ですが、通信速度は大切な要素ですので、

必ず通信方法をチェックしましょう!

auユーザーはスマホからも割引になる!

So-net光ではauスマートフォン、auケータイを持っいれば

auスマートバリューの適用を受けられ、

スマホとケータイの料金が永年割引になります。

auスマートバリューにより家族全員がauユーザーであれば、

それぞれの端末から1000円割引になります。

それも期限なしで割引になるので超お得ですね。

トラ介

今の時代はスマホとネット回線をセットで割り引かせる王道パターンですね。

特に家族の場合は家族割りを効かせるために

全員同じ携帯会社にしますから

契約している数だけ割引になるのは家計に大助かりですね。

V6プラスの対応Wi-Fiルーターが永年無料!

So-net光を販売しているサイトは多々あるのですが、

今回紹介しているのはSo-net光の公式サイトです。

他にも代理店がたくさんあり、キャッシュバックの条件もあるのですが、

今回公式サイトを紹介している最大の理由が

V6プラス対応のWi-Fiルーターが永年無料でレンタルできるという

特典が付いていたからなんです。

トラ介

本来は月額400円かかるところを

永年無料とはだいぶ思い切りましたね。

他のプロバイダだとIPv6のルーターは有料で

レンタルが多いのでかなりおススメです。

このルーターはIPv4も「IPv4 over IPv6」の技術でIPoE接続

できるようになるので、現状のネット回線の通信速度に不満のある方は

乗り換えても損はしないでしょう。

フレッツ光、光コラボからの転用なら工事費無料

So-net光はフレッツ光の回線を利用しているプロバイダなので、

フレッツ光の回線を利用している回線からの転用であれば、

工事費はかかりません。

そのため、初月でかかる負担額は事務手数料の3000円のみになり

2ヶ月目から月額料金を支払うことになります。

トラ介

工事費がかからないのは

フレッツ光の回線を利用している

メリットだね。

もし、途中解約することになっても工事費が無料だから

解約金だけを気にすればいいから

だいぶ気が楽になるね。

So-net光の料金を確認しよう

これまではSo-net光の特徴について解説してきましたが、

次は皆さんが一番気になる料金について解説していきますね。

基本料金

「新規契約者」

住んでる場所 料金 工事費 割引 支払額(月額)
マンション 4480円 500円

-2500円

2480円
戸建て 5580円 400円 -2500円

3480円

「フレッツ光からの転用」、「事業者変更で契約」

住んでる場所 料金 工事費 割引 支払額(月額)
マンション 4480円 0円 -2000円 2480円
戸建て 5580円 0円 -2100円 3480円

上記の表は

「新規契約者」と「フレッツ光、光コラボからの契約者」との比較になりますが、

工事費の負担額の差を割引額で相殺して、

どの契約状態からも月額2480円、3480円で提供しています。

トラ介

マンションに住んでる人だったら

月額2480円はすごい魅力だね!

だけど、料金は年数が経つと変化するから

料金の移りかわりを理解しよう

トラ介が言うようにいいことばかりに目を向けず

契約したあとに損したなぁと思わないように次の事項に注意しましょう。

So-net光で注意すること

So-net光で注意することは

  • 月額2480円は最初の2年間だけ
  • 新規契約の工事費は途中解約すると残債額を一括して支払う
  • 契約更新月は37ヶ月〜38ヶ月の1ヶ月だけ

になります。

月額2480円は最初の2年間だけ

これはかなりの落とし穴で、月額2480円は最初の2年だけなんです。

2年経った後は、割引額がなくなり、

マンションは4480円

戸建ては5580円

の月額料金に跳ね上がります。

トラ介

いやぁ、これはかなり上がりますね。

今までが安すぎたと考えればいいんでしょうけど、

2000円上がるとかなり負担が増えますよね。

月額料金が上がったタイミングで解約しようとしても、

解約金が発生してしますので、

後ほど、トラ介が考える解約のタイミングをご紹介しますね。

新規契約の工事費は途中解約で一括支払い

こちらは新規契約者に限ったことになるのですが、

マンションの方は工事費を48回で、

戸建ての方は工事費を60回で分割して支払っています。

そのため、24ヶ月(2年)で途中解約すると

マンションで12000円、

戸建てで14400円の残債があるので

この金額を一括で支払うと、かなり負担が増えてしまします。

そのため、月額料金の割引が終わる24ヶ月では

新規の方はおススメできません。

トラ介

新規の人は工事費の残債に解約金も加わるから

24ヶ月での解約はしないほうがいいと思うな。

月額料金だけに左右されないように気を付けよう。

契約更新月は37ヶ月〜38ヶ月の1ヶ月だけ

解約で最大の壁は、解約更新月が3年に1回、1ヶ月間だけということです。

このタイミング以外で解約をしようとすると、

違約金として20000円支払うことになります。

この金額は工事費の残債を大きく上回りますし、

次のプロバイダを契約するときに

もらえるキャッシュバックがあっても

大半を失ってしまうので、

So-net光を解約するのは違約金がかからない

37ヶ月〜38ヶ月の間で行うことをおススメします。

トラ介

ネット回線を安く使おうと思ったら

転用して、割引が効く期間を多くしたほうが

断然安く利用できます。

そのためには、できるだけ負担額が少ない

タイミングで解約することが大切です。

So-net光を解約する最高のタイミング

では、今までの内容から

So-net光を解約する最高のタイミングを解説します。

 24ヶ月解約金工事残債負担額
マンション59520円(月額平均2480円)あり12000円32000円
戸建て83520円(月額平均3480円)あり14400円34400円
 36ヶ月解約金工事残債負担額
マンション113280円(月額平均3146円)なし6000円6000円
戸建て150480円(月額平均4180円)なし9600円9600円
 60ヶ月解約金工事残債負担額
マンション220800円(月額平均3680円)ありなし20000円
戸建て284400円(月額平均4740円)ありなし20000円
 72ヶ月解約金工事残債負担額
マンション274560円(月額平均3813円)なしなしなし
戸建て351360円(月額平均4880円)なしなしなし

ネット回線の支払額とそれぞれのタイミングで解約したときの

負担額をまとめてみました。

解約負担額が0円になるのはなんと72ヶ月後なので6年間なんですね。

トラ介

6年はながーい!!

6年も契約すると月額支払額は平均で3800円(マンション)と

4880円(戸建て)になります。

この金額になるとお得感もなくなってしまうので、

トラ介がススメる解約の最高のタイミングは

36ヶ月目の解約金がない自動更新月のタイミングです。

このタイミングなら

月額平均支払額も戸建てで4180円とかなり安く、

解約した時の負担額も1万円を切っているので

1万円くらいであれば、次のプロバイダの契約のときに

キャッシュバックで十分におつりが出ますし、

光コラボのプロバイダに転用すれば、

新たに工事費用は取られません。

そのため、トラ介がススメるのは36ヶ月で解約すれば、

So-net光を最も割安で使用できる期間になります。

さらに転用や事業者変更でSo-net光と契約した方であれば

36ヶ月の時点では残債0円で解約できるので、

このタイミングで解約して、次のプロバイダで割引の提供を

受けながらお得にネットを利用していきましょう!

トラ介

ネット回線も携帯電話と同じように価格競争が

激しくなるので、

常にアンテナを張って、よりお得なプロバイダを

見つけるようにしよう。

まとめ

今回はSo-net光について解説していきました。

特徴としては

  • V6プラスによる次世代通信
  • auユーザーはスマホ割引適用
  • V6プラスの対応Wi-Fiルーターが永年無料レンタル
  • フレッツ光、光コラボからなら工事費無料

といった特徴がありました。

また、注意する点として、

  • 月額2480円は最初の2年間だけ
  • 新規契約の工事費は途中解約すると残債額を一括して支払う
  • 契約更新月は37ヶ月〜38ヶ月の1ヶ月だけ

という点に注意していきましょうと解説しました。

以上を踏まえてSo-net光をおススメしたい方は

  1. 安くインターネットを利用したい方
  2. auユーザーの方
  3. 現在、フレッツ光、光コラボレーションを利用している方
  4. V6プラスのネット回線を利用したい方
  5. V6プラス対応のルーター料金を抑えたい方

になります。

これらに当てはまる方は今利用しているネット回線の

解約時の負担金などを把握してお得になると判断できれば

So-net光へ移行していった方がいいでしょう。

少し長くなりましたが、

ネット回線や携帯代、電気代は毎月かかる固定費です。

それをどうしたら安くできるか、良いサービスに変更できるかを

考えて行動できれば家計が助かり、

より豊かな未来へ向かうことができるでしょう。

そのためにやれることから行動できるように

アンテナを張っていきましょう!

今日よりも豊かな未来へ向かっていけるようにがんばりましょう!

トラ介

それでは、ばいばいっ!