周辺機器

Wi-Fiルーターの選び方。重視するべき4つの特徴

トラ介

皆さん、こんにちは! トラ介です。

このブログは電気施工管理の仕事をしているトラ介がネット回線のしくみやお得な情報を発信しているブログです。

ネズミ君

こんにちは! ネズミ君です。

僕はトラ介さんと一緒に解説をしながらブログのサポートをしています。

分からないことをどんどん質問していくからよろしくね。

トラ介

今回のテーマは

『Wi-Fiルーターの選び方、重視するべき5つの特徴』

というテーマで解説していきます。

この記事を読むことで分かることは

ネズミ君

Wi-Fiルーターの選び方かぁ。

今まであまり気にしたことなかったけど、ルーターが違うだけで、何か変わることはあるのかな?

トラ介

ネズミ君、Wi-Fiルーターが違うだけで、通信速度や安定性といった通信環境は随分変わるよ。

今は光回線が主流だけど、光回線の通信規格に適したWi-Fiルーターを選んでいかないと通信速度が遅かったり、電波が届かなかったりするんだよ。

ネズミ君

Wi-Fiルーターでそんなに違うんだー!

もしかしたら通信が遅くなったり、調子が悪くなるのはWi-Fiルーターが原因だったりするんだね。

トラ介

そうだね。

だからWi-Fiルーターについて知っているか、知らないかで、ネット環境が変わってくるから、しっかり学んでいこうね。

Wi-Fiルーターとは

トラ介

まず、Wi-Fiルーターとは何なのかについて知っていこう。

ネズミ君

Wi-Fiルーターもいろいろな種類があるんだね。

そもそもWi-Fiってどういう意味なの?

トラ介

Wi-Fiとは『ワイファイ』と読みます。

Wi-Fiは『Wireless Fidelity』の意味で無線で近くにある機器同士を接続する技術のことなんだ。

Wi-Fiによって、スマホでエアコンを操作したり、パソコンから無線でプリンターを動かしたりできるんだよ。

ネズミ君

なるほどー!

Wi-Fiは無線で機器同士を繋げる技術のことなんだね。

そうするとルーターはどういう意味になるの?

トラ介

ルーターっていうのは接続されている機器をインターネットに繋げることができる機器のことだよ。

ルーターがないとパソコンはインターネットに接続ができないんだ。

ネズミ君

つまりWi-Fiルーターは無線でインターネットに繋げる機器ということ?

トラ介

ネズミ君!すごい!

Wi-Fiルーターはスマホと家電を接続したり、TVでインターネットに接続することもできるよね。

ソフトバンクAirやPocketWi-FiなんかはWi-Fiルーターの代表格だね。

Wi-Fiルーターの間取りによる選び方

トラ介

それでは、Wi-Fiルーターについての基礎知識がついたところでどうやって選ぶかを解説していくよ。

最初は『間取り』による選び方だよ。

ネズミ君

家の間取りによって違うということはWi-Fiルーターによって電波の強さが違ってくるんだね。

トラ介

そうなんだ、下の画像ではWi-Fiルーターの規格に間取りなどの居住環境による基準が記載されているよ。

ネズミ君

なるほど、このWi-Fiルーターなら3階建て、マンションなら4LDKの規格ということなんだね。

トラ介

そういうことなんだけど、

ここで注意が必要なのはメーカーによる基準は

『Wi-Fiルーターを家の中心に設置した場合』を想定しているんだ。

ネズミ君

えぇ!

うちなんかはWi-Fiルーターを端っこに置いてるから、規格通りの物を購入しても届かない場所がでてきちゃうってことだ。

トラ介

だから、Wi-Fiルーターを購入するときは

置く場所を想定して、端っこに置く人はWi-Fiルーターの基準より1つ広めの規格の機器を買ったほうがいいんだよ。

ネズミ君

買う前に置き場所を決めておくのは大切なことなんだね。

Wi-Fiルーターの接続機器の数による選び方

トラ介

次は接続する機器の数による選び方だよ。

下の画像で、接続機器の基準が表記されているよ。

ネズミ君

この画像の機器だと端末で18台、人数だと6人という意味だね

トラ介

一般に接続台数が多いほど高価になるし、接続台数が多いほど通信速度は遅くなるから、少し余裕を持ったルーターを選んだ方がいいね。

ネズミ君

僕の家はスマホとパソコンくらいだから、そんなに接続台数は多くなくていいかな

トラ介

ふっ、甘いなネズミ君。

最近はWi-Fiに対応しているものが多くて、ゲーム機やTV,プリンターやデジカメ、音楽プレイヤーなどいろいろあるんだよ。

さらにIoT(物のインターネット)という考え方が進んでいるんだ。

例えばドアが開いていたらWi-Fiを通じて閉めたり、エアコンを外出先から稼働させたりできるんだ。

そのため接続台数が多いということはこれからどんどん有利に働くんだよ。

ネズミ君

うわぁ、そっかぁ。

Alexaなんかはまさにネット接続の近未来化だもんね。

これからいろんな物がネットに接続されるから、Wi-Fiルーターの接続台数はかなり重要だね。

Wi-Fiルーターの通信規格による選び方

トラ介

次はWi-Fiルーターの通信規格による選び方について解説していくよ。

ネズミ君

通信規格かぁ、光回線を利用している人なら、それに合ったWi-Fiルーターを利用しないといけないんだね。

トラ介

そうなんだ。

Wi-Fiルーターの通信規格は下の画像なら黄色い枠の中に表記されているよ。

トラ介

Wi-Fiルーターにはそれぞれ通信規格があって、画像のルーターは11acという規格になるんだ。

これは『イレブンエーシー』や『イチイチエーシー』と言ったりします。

この通信規格は以下の表のようにいろいろな規格があるんですよ。

規格Mbps規格周波数帯速度
11b2.4GHz11Mbps
11g2.4GHz54Mbps
11a5GHz54Mbps
11n2.4GHz , 5GHz600Mbps
11ac5GHz6.9Gbps
11ax2.4GHz , 5GHz9.6Gbps
トラ介

通信規格はいろんな規格があるんだけど、その中でも2018年から次の3つはこのような名称に変更されているんだよ

11n → Wi-Fi4

11ac → Wi-Fi5

11ax → Wi-Fi6

という名称でも呼ばれているんだけど、同じ意味になるので気を付けてね。

ネズミ君

この通信規格は例えばパソコンなら『11ac』でいいけど、ゲーム機なら『11n』に対応って書いてあったらどいうWi-Fiルーターを選べばいいの?

トラ介

Wi-Fiルーターの通信規格は下位互換が可能なんだ。

つまり11acだったら、それより前に出た11b~11nまでの通信規格は全部使えるようになっているんだ。

そのため、今の主流は11acに対応している機器が多いんだけど、

2020年以降は11axに対応している機器が多くなってきてるから、

今からWi-Fiルーターを購入する人は11axのWi-Fiルーターがいいですね。

ネズミ君

なるほど!

新しいWi-Fiルーターは古い機器にも対応できるんだね。

トラ介

通信規格によって使用されている周波数帯や通信速度が違っているので、そこも注意が必要だね。

周波数帯 メリット デメリット
2.4GHz

遠くまで電波が届く

障害物に強い

電子レンジなどと周波数帯が同じのため電波の干渉が起き途切れやすい
5 GHz

他の家電と干渉しない

高速通信ができる

障害物に弱い
ネズミ君

使用する周波数帯によってメリット、デメリットがあるんだね。

Wi-Fiルーターが置いてある部屋以外では2.4GHzを使ったほうがいいんだね。

トラ介

さらに通信規格によって通信速度も変わってくるから、

光回線を利用している家庭は11ac以上のWi-Fiルーターを使った方がいいね。

ネズミ君

画像で11acって書いてある下に『4×4』って書いてあるのは、どういう意味なの?

トラ介

この4×4っていうのはアンテナの本数を表しているんだ。

最初の数が受信用のアンテナの数で、

次の数が送信用のアンテナの数になるんだよ。

ネズミ君

〇×〇でアンテナの本数を表しているんだね!

内臓されているタイプもあるから、外見だけで判断しないようにしないとね。

Wi-Fiルーターの機能による選び方

トラ介

最後は機能による選び方だよ。

黄色い枠に囲まれているのが、このWi-Fiルーターの機能になるんだ。

トラ介

このWi-Fiルーターの機能は

  • ビームフォーミング
  • MU-MIMO
  • ペアレンタルコントロール

があります。

この機能以外にも

  • バンドステアリング
  • メッシュWi-Fi

という機能もありますから、合わせて解説していきます。

ビームフォーミング

ネズミ君

ビームフォーミングなんて、武器みたいな名前だね。

どんな機能なの?

トラ介

ビームフォーミングというのは簡単にいうと

Wi-Fi対応機器を狙って、ルーターが電波を飛ばすことだよ。

通常はルーターから360度あらゆる方向に電波が飛ぶんだけど、障害物や家の隅っこにあって、届きにくい場所があるんだ。

そういうところにもビームフォーミング機能があると機器を狙って電波を飛ばすから通信速度が落ちにくくなるんだよ。

ネズミ君

狙いを定めて電波を飛ばしてくれるんだと通信が途切れにくくなるからいいね。

トラ介

そうだね。ただ注意してほしいことは

受信する側もビームフォーミングに対応していないといけないから、Wi-Fiルーター側だけが対応してても機能しないんだ。

ネズミ君

そっか、両方が対応していないといけないのが気を付ける点なんだね。

僕も家のWi-Fi機器の仕様を確認してみよう。

MU-MIMO

ネズミ君

MU-MIMO?

なんだこれ?

トラ介

MUーMIMOっていうのは

『マルチユーザー マルチインプット マルチアウトプット』

のことなんです。

以前は情報の送受信をするときは1台ずつ行われていたのですが、

MU-MIMOによって、複数台から同時に情報の送受信が可能になりました。

ネズミ君

交通状況に例えると

車線が増えて同時に何台も走れるようになったということだね。

トラ介

以前はパソコンとスマホから同時に情報を受信しようとしたら、パソコンの受信が終わった後にスマホの受信が開始されたけど、

MU-MIMOの技術ができてから、パソコンとスマホ同時に情報の受信ができるようになったんだ。

これによって通信速度が上がってストレスがかなり軽減されたんだ。

ペアレンタルコントロール

トラ介

ペアレンタルコントロールとは大きく2つの機能に分かれます。

  • 接続制限機能
  • Webフィルタリング機能

に分けることができるのでそれぞれ解説していきますね。

接続制限機能

トラ介

接続制限機能とは

時間帯を設定してWi-Fiを利用できる時間を制限することができる機能です。

これにより子供がいる家庭ではWi-Fiの使い過ぎなどを制限することができます。

ネズミ君

あっ!たまにWi-Fiが繋がらないのは、この機能が原因なのかも。

お母さんからネットやりすぎて怒られたから接続制限されているのかもしれないや

Webフィルタリング機能

トラ介

Webフィルタリング機能とは

有害サイトに子供が入っていかないように制限をかけることなんだ。

ネズミ君

あっ!たまに興味のあるサイトに入ろうとしても入れないことがあるんだ。

Webフィルタリングをかけられてるのかも!

トラ介

まぁ、ネズミ君みたいなやりたい放題やる子供がいる家庭にはペアレンタルコントロール機能は必要だから

Wi-Fiルーターを選ぶときは必ずつけた方がいいですね。

バンドステアリング

トラ介

バンドステアリングとは状況によって2.4GHzと5GHzの接続を切り替えることです。

ステアリングとは乗り物の進行方向を切り替える意味なので、状況によって通信しやすい周波数帯をWi-Fiルーターが選んで切り替える機能ですね。

ネズミ君

へぇー、なんか車の自動運転機能みたいだね。

トラ介

ここで注意することは、バンドステアリングは2.4GHzと5GHzの両方の周波数帯を扱っているWi-Fiルーターでないと使えないので気を付けてくださいね。

メッシュWi-Fi

トラ介

メッシュWi-Fiとは上の画像のように、親機とサテライト機を使って、親機から離れた場所でも安定して通信できるようにした技術なんだ。

ネズミ君

なるほど、でも中継器でも同じことができるんじゃないの?

何が違うのかなぁ?

トラ介

中継器は親機の電波を中継して広げるだけなので、中継器が出している電波は親機が負担しているんです。

それに対してメッシュWi-Fiのサテライト機は親機の電波ではなくサテライト機が電波を発信しているので、親機の負担が減るんですね。

ネズミ君

じゃあ、メッシュWi-Fiは通信速度を落とすことなく家全体にWi-Fi電波を飛ばすことができるんだね!

トラ介

それに加えて、中継器は手動で親機か中継器を切り替えないといけないけど、

メッシュWi-Fiは場所によって最適な機器を自動で選んでくれるから、いつでもWi-Fi環境が途切れることがないんだ。

ネズミ君

メッシュWi-Fiと中継器じゃ、かなり違いがあるんだね。

戸建てで2階建て、3階建てみたいなところだとメッシュWi-Fiがいいね!

まとめ

トラ介

今回は

『Wi-Fiルーターの選び方、重視すべき4つの特徴』

というテーマで解説してきました。

重視すべき4つの特徴

住居環境で選ぶ
Wi-Fiルーターを置く場所を決めて、隅っこに設置するようなら、実際の間取りよりも1つ上の間取りに対応しているWi-Fiルーターを選ぼう

接続機器の数で選ぶ
これからは様々な家電もWi-Fiに接続されるので、実際に使っている機器の数よりも多めを想定して選ぼう

通信規格で選ぶ
ひかり回線を利用している方は最高速度よりも速い速度の通信規格を採用しているWi-Fiルーターを選ぶようにしよう

機能で選ぶ
Wi-Fiルーターにはさまざまな機能があるので、自分に必要な機能を選んで、採用しているWi-Fiルーターを選ぼう

ネズミ君

Wi-Fiルーターもいろいろな種類があるから、自分のネット環境にあったものを選べるようにしようね。

トラ介

ネット環境の進化は凄い速さですすんでいます。

2,3年前の技術がいつのまにか一昔の技術になってしまうこともあります。

かといって、常に新しい技術に乗り換えていたら経済的にも負担が大きくなってしまうので、

自分に必要な性能を把握して、Wi-Fiルーターを選べるようにしましょう。

下の記事にはおススメのWi-Fiルーターを紹介しているので、参考にしてくださいね。

3人家族3LDKおすすめWi-Fiルーター3選3人家族は3LDKに住んでいることが多く、そんな家庭におススメのWi-Fiルーターを3つ紹介します。はずせない機能、妥協してもいい機能から選ばれた3つのWi-Fiルーターはおすすめの極みです。...
ネズミ君

家庭環境や家族構成、引っ越しなどがあったら一度ネット環境を見直せるといいと思います。

常に最先端を追っているとキリがないので注意しましょうね。

トラ介

トラ介ブログでは、皆さんにお得なネット回線の情報を発信しています。

ネット環境でお困りの方、分からないことがある方はお問い合わせからご連絡頂ければと思います。

これからも多くの情報を発信していきますので、よろしくお願いします!

それでは、皆さん ばいばいっ!